JUGEMテーマ:日々のくらし

 

母にとっても私たちにとっても,夏休みと言えば・・・

曾孫(孫)と過ごすひとときは必須です。

 

北関東からやってくる息子A一家を歓迎するかのように。

庭のサルスベリの花もきれいに咲きました。

 

「夏と言えばサルスベリ」と,新築祝いに夫の両親がプレゼントしてくれたサルスベリです。

天国のおっぴさんたちも歓迎かな?

 

 

今年はプラレール持参。

母の家の一部屋,パパとAちゃんで線路をセッティング。

 

いつもは閑散としている部屋が遊び場と化しました。

 

 

母にとっては3人の曾孫。

いるでしょ?もう一人。

 

3人仲良く「シャボン玉」

 

さてさて,夏休みです。

どこかへドライブということで。

県北の方の「感覚ミュージアム」へ

河原や田んぼの中にあるミュージアム。

夫も私もここにこのようなミュージアムがあるなんて知りませんでした。

 

五感を使って楽しむところ。

ロビーにある創作楽器だけでも楽しめます。

 

 

両手両足を使ってペダルを操作する「落書きマシーン」もありました。

Aちゃん挑戦です。

でも・・・ちょっとまだ身長が。

ペダルに届かず。

来年リベンジかな?

 

Sくん,虹色のライトにびっくり。

虹色の上に映る自分の影に気づいたようです。

 

このほかにも「香りの森」や「闇の森」「ウォーターガーデン」とか癒やされる空間もありました。

残念ながら撮影禁止で。

AちゃんSくんばかりでなく,大人も楽しんだ様子が記録できず。

 

屋上にあったこれ。

Aちゃんも他の子たちも,こんなふうにして声を出していました。

なかなか大きく響く声。

中には,歌を歌っている子も・・・

 

でもAちゃんはじめみんな,使い方間違っていました。

耳を当てて集音された周りの音・・・川の音・森のさざめき・鳥の声などを感じ取るものでした。

それに気づいたのは,散々遊んでから・・・

 

爺の夏休み。

創作楽器に次々挑戦したいSくん。

でも高さが・・・ということで,爺のこの足・・・。

おじいちゃんとしては,楽しくも,足もちょっぴり疲れた日になりました。

  • -
  • 01:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
孫は、来て良し帰って良し。

水族館でも、展示ケースは抱っこしないと小さい子は見れませんよね。
さすが、オタクの爺様は足で十分なのね。
短足一家の我が家では、無理。
  • いちご母ちゃん
  • 2019/08/13 06:39





   
この記事のトラックバックURL : http://mw2018.jugem.jp/trackback/77

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM