JUGEMテーマ:日々のくらし

 

私の夏には欠かせない・・・・特別な夏祭り。

小さい頃からの思い出がたくさんの仙台七夕です。

 

 

アーケードのない一番町付近は,見上げるような飾り。

和紙で作られた飾りは,趣と歴史の重さを感じて私は大好きです。

青空に映えてきれいです。

 

今年は,来年の東京オリンピックを意識したような飾りが目立ったような気がします。

そして竹の一本一本には,奉祝の札が。

令和になって初めての七夕を祝う言葉でしょうか。

 

見上げる竹飾りもすてきですが。

吹き流しをかき分けながらくぐる・・・そんな歩き方がやはりいいです。

 

 

今年は,夜になるとLEDの灯りがともされるという吹き流しも登場したようです。

残念ながら私が見たのは,暑い暑い日中。

LEDの灯りも味わうことができませんでしたが。

来年にリベンジかな?

 

老舗の心意気というか・・・

昔からのお店の竹飾りは,特に力が入っていると毎年思います。

これも,私たちの市では有名な老舗のお菓子やさんの竹飾り。

 

そして,ここ8年間続いている,今や立ち止まって見たり,写真を撮ったりしている人がとても多い飾りが。

今年もこの飾りの下には,見上げる子どもたちや家族,この飾りの意義に感じ入って見ている観光客がたくさん。

東日本大震災から「復興」を願って毎年作られているこの大きな飾り。

仙台市内の小中学生一人一人が心を込めて折った折り鶴がここに。

それぞれの学校で長い一本につながれ,それが一つの大きな飾りになって。

 

今年も圧倒されました。

特に小学校1年生が,小さな手で折る姿

上級生が下級生に教えてあげる姿。

そのひとつひとつを先生やPTAの方がつないでいく。

その光景を想像しただけでも胸がいっぱいになります。

 

私は数年前の,色を意識した飾りや,グラデーションを感じさせる工夫に,工程の大変さを想像しながら感動したものでした。

今年は,それぞれの学校にその色の流れは任されていたのかもしれないと思いました。

一本一本に学校名やメッセージが書かれていて。

また,仙台市以外の学校の参加もあったそうで。

少しずつこの子どもたちの七夕飾りの輪が広がって来ていることを感じました。

 

それにしても,今年は特に暑い仙台七夕でした。

晩夏の涼風にそよぐ和紙の飾りを味わいたいところでしたが。

 

この暑さの中を歩きながらの見物で,「もう,七夕はたくさん!」と思ってしまった人がいませんように。

心密かに思いました。

 

本当に暑かった・・・

でも最終日,暦の上では秋。「立秋」を迎えました。

 

 

JUGEMテーマ:ありがとう

 

孫二人を交えた旅行をすると,大人だけの旅行とは違う楽しみ方で,これまた楽しい。

そして,Aちゃん・Sくんの感じていること,楽しんでいる様子が手に取るようにわかり,これまた楽しい。

 

南三陸さんさん商店街に行くと,オクトパスとモアイ像が。

私が写真を撮っていると,カメラを貸してほしいというAちゃん。

 

このオクトパスの前では,ママとおじいちゃんを撮影。

なかなかすてきな笑顔をとらえていましたよ。

 

そのあとは,撮る撮る撮る!

 

こういうかわいいものにやはり目が行くのですね。

 

フィルムなら,枚数制限するところだけど。

お気軽なデジタルカメラ。「何枚でもどうぞ」

 

 

Aちゃんが撮影した写真を見ていくと,Aちゃんの興味やその場その場で心引かれたものがわかります。

 

 

きっと飲みたかったんだろうなあ。

ジュースの商品写真を撮ってる!

大人は,お買い物中です。

 

さすが!私の孫。

ホタテのやまに心引かれたようで。

そうそう,夕食で食べたもので一番好きなのは「殻付きのウニ」と。

これまた,私と好みが同じでした(笑)

 

武家屋敷で,おばあちゃんに「セミの抜け殻があるよ」と教わって。

そのあと,抜け殻をたくさん集めていたAちゃんでした。

 

Sくんの様子もたくさん撮影していました。

Sくん,お姉ちゃんがカメラを向けると,満面の笑顔でお姉ちゃんに歩み寄ってきます。

 

 

Aちゃんが,大人を追いかけて撮ると,足中心。

Aちゃんと大人の身長を考えれば当然のことでした。

 

そんな中「おばあちゃん,そこに立って!」と。

私の写真を撮ってくれました。

「お花の前で・・・」と言いながら。

 

パパが全員の写真を撮ろうとしていたとき,「私も!」とAちゃんが。

パパとAちゃん以外のみんなの写真。上手に明治の小学校も入れて。

モデルは,暑さにバテバテなやっとの笑顔です。

公開はご勘弁を!

 

くりでんミュージアムでも,ジオラマでくりでんが走るのを追いかけながら夢中で。

 

新幹線とくりでんが交差するところ。

上手にとらえたね。

 

 

おまけ・・・・・。

Aちゃんが自分のことも撮りました。

かわいいピンクの靴の一歩。

 

えっ! 

そうか,これはちょっとまちがっちゃったのね!

 

 

 

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

 

七月の週末。

息子A一家とお嫁ちゃんのご両親が私たちの県へ来てくれました。

北関東のみんなからにすれば,私たちの県へ来ることは「避暑!」になるかな?

 

梅雨明け宣言は出ていなくて,空模様は心配。

そんな中,青空が見えてきました。

 

海なし県から海に遊びに来たお客様!

南三陸の海です。

 

去年もちょっとここの海で遊んだAちゃん。

今年は浮き袋持参。

海を楽しむ準備は万端!

 

海が初めてのSくん

はじめこそちょっと怖がったけど,どんどん手をつないで入っていきました。

 

夫もこの日のために,ワンタッチのテントを準備しました。

快適です。

 

南三陸のこの町は,この日が一番賑やかな日。

海水浴の他にも,イベントが楽しめて。

ママとの2人羽織で優勝したAちゃんです。

 

 

東日本大震災で,壊滅状態になったこの町です。

あのときの町長さんの号泣は,今でも私の目に焼き付いています。

 

復興市ということで,賑やかに市が立ち,地元に生まれた民謡のDanceコンテストまで開催していました。

町挙げての復興市。

 

Danceコンテストには,地元の中学生1・2・3年生のチームが出場していました。

町を全校で盛り上げる中学生の若い力を頼もしく感じた私です。

 

翌日は,朝こそ雨が降っていましたが,ホテルを出る頃には雨が上がり,気温の上昇とともに蒸し暑さが増して・・・

昨日は海・・・

今日は内陸の方へ・・・

 

暑い中遊ぶAちゃん。

付き合う大人がバテてしまいます。

 

遊具の方へどんどん行っちゃうSくん。

ずいぶん長い距離歩くし,走るし・・・。

 

テレビドラマにも,CMにもよく出てくる明治時代の小学校。

東北の明治村を楽しみました。

 

ランチは,名物・・・

この町に来たら必ず食べたい鰻。

  

お子様・お年寄り向きに食べやすいメニューもありましたよ。

 

まあ!びっくり。混んでる混んでる!

予約していてよかったです。

この人数での旅行は,予約は必須だと実感しました。

 

  

武家屋敷には,すでにはぎの花が咲いていて。

でも,名残りのあじさいも。

 

もっと山沿いにドライブして,栗原田園鉄道のミュージアムにも行きました。

 

くりでん沿線を復元したジオラマにSくん大喜びでした。

 

Aちゃん・Sくんにあわせた行程。

でも4人のおじいちゃん・おばあちゃんもとても楽しく過ごせた2日間でした。

 

 

 

 

 

初夏・・・でも梅雨明けしていない時期です。

雨の心配は常にありながらも,行きたかった上高地へ

 

マイカー規制でなかなか自力では行きにくい上高地。

電車を乗り継いでも遠く感じる飛騨高山。

そこをかなえてくれるのが,ツアーです。

 

昨年の日本の新幹線に乗り尽くす旅の楽しさから,はまり始めたパッケージツアーです。

コースも食事も添乗員さんがお膳立て。

 

そして自由行動の時間があれば,もう満足です。

 

上高地は1500mだそうで。ここで2時間のんびり散策しました。

避暑地だそうです。

いろいろな野鳥の声も。

でも,ウグイスしか聞き分けられない。情けない。

聞き分けられたら,もっと楽しかっただろうと残念です。

 

雨上がりで,木々の緑がとてもきれい。

遠くの山々は,雲に隠れていましたが・・・。

この向こうに雪を残した山々が見えるはずなのです。

 

水も澄んでいて,それなりに流れも速く感動しました。

 

そして,夫は・・・?

青空が顔を出さないことに不満を言いながらも,撮影に夢中。

 

 

翌日は,飛騨高山の町を散策。

高山陣屋前の朝市も

 

宮川沿いの朝市まで,満足の散策

お酒も,お菓子も,地ビールもゲット。

 

御岳ロープウェイにも乗って標高2150mまで登りました。

 

御嶽山は活火山。登山をする人もかなり多いようでしたが,入山規制が敷かれています。

 

さすが2150m。あっという間に,視界がさえぎられて,何も見えなくなってしまいました。

高山植物園があって,かわいらしいコマクサの花。

 

御岳ロープウェイの後は,赤沢森林鉄道。

トロッコ列車からの眺めは,最高の森林浴。

これまた川の水が澄んでいて。

 

日本の遊歩道の代表的なところ。

整備されていて,楽しく森林浴しながら歩けそうなところでした。

 

さて,三日目は妻籠塾。

宿場町の雰囲気が大好きな夫。

楽しそうでした。

水車があったり。

 

なかなかの江戸時代の雰囲気です。

 

妻籠宿のポスト。

現役です!

 

これは,妻籠宿の五平餅。

御幣の形に似せた・・・五平餅ということから言えば,ちょっとこの形は違うけど。

でも,木の実の効いた甘い味噌がなんともいえず,私たちの口にはバッチリ合いました。

おいしかった!

 

旅の最後は,天竜川下り。

前日の夜から朝までの雨で,水位が上がっていました。

午前の便は欠航だった状況の中,私たちの12:10の便は運航しました。

 

水かさマシマシの中での川下り。

水しぶきを避ける練習の段階で,すでに完璧に水をかぶってしまった私たちです。

 

川下り中は,必死にビニールを持ち,水しぶきをよけるのに必死。

周りの景色をゆっくり眺めたり,写真を撮影したりする余裕は全くなく。

スリル満点の・・・ある意味,私が期待していた通りの天竜川下りになりました。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

 

 

母と私の演劇鑑賞会。

私たち二人が東京まで行って鑑賞する・・・

スムーズにいくわけのない話です。

 

歌舞伎座です。

母は,ここで堀越勸玄くんの貴甘坊を鑑賞するのが主目的になってしまいましたが。

勸玄くん・・・母のマイブームです。

 

そもそも,早くにチケットをゲットして鑑賞しようとしていたのは,こちら。

「王様と私」です。

これは,映画のパンフレットですが。

 

一生に一度の来日公演!だということで。

シアターオーブまで出かけることにしたわけです。

 

大宮で湘南新宿ラインに乗り換え,渋谷まで。

 

ホームでグリーン券を買うことも覚えました。

前日までの間にも当日も,娘Mにメールで聞きながら。

 

渋谷駅の湘南新宿ラインのホームからシアターオーブのあるヒカリエまでも,必死に標示を見ながら。

自分1人なら迷っても,戻ってもなんとかなるけれど,母のことは長い距離は歩かせたくない。

標示ばかり見る「おのぼりさん」丸出しです。

でも,必死。

そして,はやる気持ちはあっても,歩みは牛歩。

 

 

でも,一応迷わずヒカリエにたどり着き,鑑賞前にランチです。

小さなラーメンと選べる点心のお店にしました。

点心は1人分を半分こして食べました。

 

シアターオーブには,ヒカリエを中心とした模型があったり,大きな窓から新宿御苑の方を眺めたり。

待ち時間も楽しめました。

 

さて「王様と私」は?

 

すべて英語・・・・・。

ステージ両脇に縦書きの字幕・・・・・

 

これまた,必死。

目・耳・そして思考をすべて駆使して鑑賞した感じです。

 

母は,ユル・ブリンナーと大好きなデボラ・カーの映画で何度も見たらしく。

ストーリーは完璧に頭に入っているようです。

私が生まれる前の映画です。

 

素晴らしかった!

渡辺謙はもちろん,首相役の大沢たかおの熱演も。

楽曲もRODGERS &HAMMERSTEIN'S。

サウンドオブミュージックなどと同じで難解ではなく。

 

そして・・・。

ケリー・オハラがなんとも素敵でした。

楽しみにしていた「Shall We Dance?」  

昔の録音で聞いたことのあるこの曲。

さまざまな歌手の方が歌うので聞いたこの曲。

 

でも,こんなに伸びやかで,軽やかに歌われたこの曲は初めてです。

「1・2・3 and」と言いながら,ステップを踏む。

ポルカステップ。

 

ここで,大学時代の講義で先生も(失礼!)学生も,ドタドタと「ポルカ」を踊ったことを思い出しました (笑)

あまり楽しい思い出ではありませんが。

あのときは「ホップ1・2・3」と踊ったような気がします。

 

翌日は,のんびりモーニングを食べ,10時頃ホテルを出て,歌舞伎座に向かいました。

銀座7丁目のホテルから歌舞伎座は徒歩圏内ですが。

そこを,母と私ですから,新橋から東銀座までたった一駅を都営浅草線利用して。

 

ここ,歌舞伎座地下のフロアは,ワクワクするほどの歌舞伎ゆかりのお土産物や甘い香りでいっぱいでした。

 

母が,お土産をひとしきり探した後,足を止めたのは,子供用の甚平が並んでいるところ。

2人の曾孫ともう少しで生まれてくるもう1人の曾孫にというのです。

 

曾孫ちゃんたちには悪いけど,買おうとする母を止めた私です。

浴衣を着たいだろうもうすぐ5歳のAちゃん。

甚平は持っているだろうなあと想像できるSくん。

そして,まだたまごくんのMくん(仮称)には90のサイズは大きすぎる。

 

さて,勸玄くんです。

素晴らしい。勸玄くんの早口台詞の間,客席は一言も聞き漏らすまいとシーン!と静まりかえり。

思わず涙した母です。

 

そして,この姿をママはどんなに見たかっただろうか・・・と2人でしんみりしました。

 

テレビでよく見る人,○○夫人もお友達といらっしゃってましたよ。

 

私たちの席は8列目で花道のすぐそばのところ。

だからこそ,感じました。

外郎売の海老蔵・貴甘坊の勸玄登場の時,背負っている外郎の入った箱から薬の香りが漂っていたこと。

 

ちょっと気の毒に感じたことは。

獅童演じる朝比奈が外郎売を呼び寄せる場面です。

朝比奈は「臆せず,恥らわず・・・」と見得を切りながら,語るのです。

なかなか見応えのある場面です。

でも客席の目は,花道の揚幕の方に今か今かと釘付け。

獅童さんの熱演,素晴らしいしかっこよかったです。

でもどれだけの人がこの場の獅童さんを見ていたのかなあと思いました。

 

私は見てましたよ!獅童さんを。

 

 

英語だけのミュージカル,そして日本伝統芸能の歌舞伎。

二日間で,この両極端に位置するような演劇にあえて挑戦しました。

満足して,豊かな気持ちになって帰宅した母と私の演劇鑑賞会でした。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

来ましたよ!

夏祭りの季節。

でも,私たちの地方はまだ暑くはなく。

25℃にもいかない日が続いています。

 

ここは,大日如来。

今年,元朝参りにも訪れたところです。

決して大きくはないけれど,とても懐かしい感じのする場所です。

今は亡き,生粋の仙台っ子の祖母も「おだいにっつぁん」と呼んで親しんでいたところ。

 

 

ここの東側には,娘Mが挙式したホテルも見えます。

高層ビルの現代と昭和の香りの混在する不思議な雰囲気の場所。

 

ここは,未年の私の父と申年の息子Yの守り本尊でもあるということで。

祖母からは,通りかかることがあったら手を合わせるといいね,と常々言われていました。

 

 

離れて一人暮らしをしている息子Y。

父が護ってくれますように・・・と,夏祭りに訪れた機会に手を合わせた私と夫です。

 

実は,ここのお祭りには初めて訪れました。

門前の通りは,なんと「車両通行止め」です。

 

夏祭り期間の土日二日間。

町内会・商店会あげての理解と協力あってのことだと驚きました。

屋台もたくさん。

中にはアルコールのおしゃれな屋台もあって。

大人も子どもも宵に向かうにつれて楽しめるところになるんだろうと。

夜来てみたいなあと思ってしまう景色でした。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

JUGEMテーマ:ありがとう

 

 

「行こうね」と,毎年この時期「ウニ丼」の季節になると誘い合って行くランチ。

 

今年もウニ丼好きの3人で出かけました。

 

私が仕事をしていた頃は,なかなか私の都合がつかず・・・

 

今年は,私はいつでもオーケー状態。

でも,ばあば先輩のお二人は,保育所の送り迎えなどの合間を縫って。

 

それでも時間を作って行きたい南三陸。食べたいウニ丼です。

 

東日本大震災から復興して開かれた南三陸さんさん商店街。

その中のお店で念願のウニ丼です。

 

ウィークデーで,さほど混んでなくてのんびり味わうことができました。

そのあと,生牡蠣も食べて,お土産も買って,楽しいドライブでした。

 

帰宅すれば,保育所にお孫ちゃんを迎えに行ったり,夕食の支度をしたり。

またすぐ日常に戻ります。

つかの間の非日常。

これで,またがんばれる・・・そんな気持ちになりました。お互いに。

 

でも,誘ってくれる友達,というより友姉様たちに感謝。

ありがとうです。

 

そして,食べ物の好みが同じ友達って大事ですねえ・・・!

 

次回は,生しらす丼を求めて県南へ。

欲を言えば,季節が終わるまでの間にもう一度ウニ丼。

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

5月・6月とサクランボの季節になると,母は北関東の曾孫のAちゃんに毎年サクランボを送ります。

近所の八百屋さんにおいしいところを仕入れてきてもらって。

 

 

 

「届いたよ」写真が送信されてきました。

キュウリやブロッコリーを収穫した写真も。

こんなふうに時々送信される写真を母は,何度も見て楽しんでいます。

 

電話も来ました。「おっぴちゃん,さくらんぼありがとう」

 

大事そうに食べるAちゃん。

 

そして今年は,Sくんも食べてました。

かわいい手で一つずつ摘まんで。

 

こんな動画が送られてくると・・・

「また送ってあげよう」

1週間もしないうちに言っている母です。

 

「あちらには山梨県などのサクランボの名産地もあるんだよ。」と,思わず止めた私です。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

令和初の台風が,前日のうちに三陸沖に抜けた日。

夫は,娘Mのご主人君とそのお父様と一緒にカレイ釣りに出かけました。

 

大雨と高波で一度は延期になった計画。

でも,この日は叶いました。

 

雨もなく,風もなくというところですが,波は微妙に高かったようです。

 

夫は,朝というより日付が変わるころから目が覚めたらしく。

いかに早起きが大事と言えども,早すぎませんか?

遠足の日の子どものようです。

 

さて,釣果は・・・?

こんな感じで。

このボール3つ分の量がありました。

 

大きいものではこのくらい!

30センチ前後のものが7〜8枚ありました。

 

釣った後が,実は大変ですね。

母は,釣りが好きだった父にかなり鍛えられましたので。

出刃包丁と刺身包丁を研いで,二人の帰りを待っていました。

 

ところがです,娘のご主人君が,頑張って下処理をしてくれたのです。

さすがでした。

母もそばで見とれたりして・・・

 

 

丁寧に血抜きをして,うろこを取って,洗って。

 

そのあと,皮を剥いで,お刺身にしたのは母です。

ちなみに,私は大皿に盛り付けました。

 

娘のご主人君の頑張りに驚き,母を見直したひとときとなりました。

 

そして,特別とても楽しい夕食でした。

JUGEMテーマ:日々のくらし

令和初の・・・・・というと,これまで華やかなイメージ・うれしいイメージ・記念すべき!というイメージが強かったのですが。

 

ある意味【記念すべきもの】なのだとは思いますが。

 

天気予報で「令和初の台風」が接近と。

最近,新潟・山形の大地震もあり,暴風雨はごめんです!

 

おまけに我が家は,東北地方に直撃しそうな日に娘Mのご主人君が夫を釣りに連れて行ってくれる計画を立てていました。

何日も前からの計画。

最初の計画の日は大雨・高波で延期になったため,リベンジなのです。

 

「なんとか,計画をかなえたい!」

自然現象に逆らえないとはいえ,娘Mと私は必死に考え・・・

 

母・娘M・私の【晴れ女3人組】がお出かけすれば,雨は降らないだろうと・・・

それも,釣りのみんなと同じ海の方に出かけようと・・・

 

出かけたのは,松島のレストランです。

 

「おいしいものを食べに行きたかっただけじゃないの?」と言われそうですが・・・

 

どうとでもおっしゃってください。

 

このレストランを予約したころから,台風が東にそれ始めて。

釣りの日の天気予報の傘マークが消え,曇りの予想に。

前日のうちに,台風は三陸沖に抜け。

 

当日は,海の方に向かうほどに,霧雨も上がりました。

 

さすが私たち!と,満足しながらおいしくいただきましたよ。

曲げわっぱにかわいらしく盛り付けられたお弁当。

 

 

ホタテの貝焼きや穴子餅の焼き物もつきました。

大満足のお食事。お値段的にも満足です。

 

帰りは,松島を高台から眺める「西行戻しの松公園」に立ち寄りました。

桜の頃がきれいなところです。

 

曇っていて,海の色がきれいには見えませんが,上から雨が落ちてくることはありません。

 

大満足の「お天気お願いランチタイム」でした。

 

 

釣りが終わったとの夫からのメール・・・

「おかげさまで,雨は降らず。よかったです。」ですと!

 

貢献しましたね。我が家の女性3人組。

 

釣果のほどは,後ほどのブログで!

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM