JUGEMテーマ:日々のくらし

 

6月のお花見・・・といえば,もう一つ【あじさい】ははずせません。

 

 

伊達政宗ゆかりの北山五山の一つ資福寺です。

あじさいで有名なところです。

散歩圏内なので,気楽に訪れることができます。

 

 

木漏れ日が気持ちがいいというより,ちょっときつめの木漏れ日。

 

 

雨の似合うあじさいも,ちょっと暑そう!

 

私と同じようなお年頃の方々がたくさん。

のんびりと眺めていました。

 

中には外国の人もいらっしゃいました。

 

ちょっと早かったかなあ。

もっと色とりどりの花が咲いているはずでした。

もう一雨降ったら,鮮やかに変わりそうです。

 

ゆっくり見ていると,なんと二宮金次郎が。

昔の学校には必ずと言っていいほどあったようですが。

お寺なのに?

なぜ?

謂われを知りたいです。

 

あじさいばかりでなく,竹林も。

素敵です。

京都や鎌倉のような大きなものではないけど。

癒やされます。

 

これだけのところですから,趣味で撮影しているカメラマンがたくさん。

一眼レフの人をまねて,同じアングルで私もパチリ。

こんな感じです。

奥行きを感じる一枚になりました。

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

いずれあやめかかきつばた!

 

私たちの市から,車で1時間半くらいにあるあやめ園へ。

6月のお花見はあやめ・花菖蒲・かきつばたということで,出かけてみました。

 

この日の私の目標は?

【あやめ・花菖蒲・かきつばた】を見分けられるようになること。

お茶の先生には,毎年この季節に教えていただくのですが,覚えられず。

「これはあやめ」「こっちはかきつばた」と見分けられないのです。

それができるようになりたいと思いつつ訪れたあやめ園。

 

園内の表示を見ながら花を見ていても・・・ちょっと怪しい私です。

 

これは,花菖蒲・・・だと思います。

 

これは,あやめ・・・だと思います。

あれ?これも花菖蒲かなあ。

 

これは,かきつばた・・・だと思います。???

 

やっぱり,自信がない。

きっと,当たってません。

ブログご覧の皆様,私の見立ては決して信じないでください。

 

 

これ!「檜扇あやめ」

紀子様のお印の花だそうです。

標本園で見つけました。

お子様たちのこと,そして,殿下とともに負われている重責。

どんなにか毎日を,重く,重く感じつつお過ごしかとお察しします。

私のようなお気楽あらかんとはとてもとても・・・かけ離れた世界の方々のことですが。

思わずお花だけでもとパチリ。

 

ランチは,自然薯を味わおうと。

 

自然薯の定食には,岩魚の塩焼きがつきました。

そして,手打ちそばの自然薯そばです。

 

この日も,真剣に一眼レフで。

夫の撮影した写真・・・

また,家の中のどこかに掛けられるのかなあ。

 

 

 

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

 

長丁場のプロ野球なのに,1戦1戦に一喜一憂してしまう。

それが,マイブーム。

楽天イーグルスの試合結果です。

 

ヤクルト戦が地元で開催です。

つば九郎もわざわざ来てくれるって言うし。

 

レフトからなので,なかなかの遠くに・・・つば九郎!

 

それに,村上君がホームランを打ったときには,「東京音頭」も目の当たりに。

ヤクルトファンの応援!なかなか熱いです。

 

試合開始前には西日も強く,クラッチの影もこんなに長かったのですが,ずいぶん長い試合で,私自身かなり疲れました。

 

 

でも,勝ちました。疲れも吹っ飛びます。

7−2だったところに8回,幸か不幸か2点返されたので,3点差で松井君登場。

またもや松井君にセーブがつきました。

 

待ってましたとばかりに,飛ばされた白い風船。

飛ばして・・・見とれて・・・

写真を撮るタイミングを逃した私。

ちょっと,興奮状態!

 

会場大喜びの中,冷静に白い風船拾いをするスイッチ。なんかかわいい。

 

今年引退した,聖澤選手のタオル。

娘Mが持って・・・???

 

 

 

JUGEMテーマ:家庭菜園

 

ナスもサツマイモも・・・

そして,キュウリも生長の兆しが見えてきました。

ここ数年,南側の窓下にキュウリをはわせて,グリーンカーテンのつもり。

 

昨年は,グリーンカーテンが必要なときには,もうキュウリの葉は茶色に・・・

今年はどうかなあ。

タイミングよくグリーンカーテンになりますように,と思っていたら。

 

孫のAちゃんがキュウリの収穫をしている動画が送られてきました。

大人用の手袋をして,ずいぶん大きなキュウリを切っています。

早いです!

さすが北関東地方。

 

お姉ちゃんに拍手!

 

二人仲良く・・・

この日は2本の収穫だったようです。

どんなお料理で食べたのかなあ。

JUGEMテーマ:自分のこと

 

やっと6月,衣替えの季節になりました。

記録的な暑さが続いた5月。

すでに個人的には衣替えをして半袖の生活をしていましたが。

制服の中高生の軽やかになった街中の色合いに,衣替えを実感しています。

 

 

あわてて,ハンギングの花をビオラ・パンジーから夏向きの花に変えました。

 

梅雨入りはまだなので,日差しは多少強くても風は爽やかな毎日です。

 

猫の額よりも狭い狭い花壇に【畑】と称して,毎年野菜苗を植えている夫です。

やっと,ナスもサツマイモも元気に生長しそうな兆しが見えてきました。

 

爽やかな毎日が続くと,私の悩みは膨らみます!

 

「今日は,何をしようかなあ」

「どこに散歩に行こうかなあ」

 

仕事をしていたときは,毎日10時間くらい,なにかと仕事に時間をとられていました。

もちろん,当たり前のことかもしれないけど。

 

でも,何しようかなあと悩む幸せっていうものもあることに気づきました。

○○をしなきゃという生活から何をしようかなあと考える生活へ。

 

そして,朝も5時に目がさめていた私から,6時までしっかり寝ていられる私になりました。

そうなるのに1年かかりました。体内リズムってしぶとかったです。

JUGEMテーマ:日々のくらし

ドイツに行っていて,今年はサクラは満喫できなかった私です。

 

今日は,ツツジを見に出かけました。

数日前ドローンで撮影したものを夕方のニュースで見て,見てみたいと思っていた場所です。

 

思いつきで,ぱっと家を出ました,母と夫と3人で。

田束山です。山一面にツツジが咲いているはず。

そして三陸の海が見えるはず。

 

 

思った通りの景色です。

下から山の頂上がピンクでもこもこしているのがよくわかりました。

 

新緑もきれいで,ピンクと淡い緑。海。

海はかすんでいましたが。

 

花より団子・・・の私です。

絶対ランチは連れて行ってと夫に頼んだ場所。

 

南三陸さんさん商店街

「きらきらウニ丼」の季節になりました!

うれしい!ウニ・ウニ・ウニ。

8月まで食べられます。

あと,何回行けるかなあ。

家族と・・・

友達と・・・

 

ちなみに,夫は海鮮丼。

 

 

 

あらかんおばさんにとっても,あらかんおじさんにとっても,いいかげん東京ディズニーリゾートは疲れるものと思いがち。

ましてや,孫と一緒,たまごメイトの娘と一緒,おまけに86歳の母(何度も年齢を明かしていることは母には内緒)も一緒となれば・・・

 

でも,楽しかったし,あまり疲れも感じず,過ごせましたよ!

ショーを見ながらのゆったりランチ。

 

 

楽しい気分と孫の笑顔に癒やされれば疲れも吹っ飛びます。

 

予約しての食事。

お子様ランチもかわいくておいしそう。

座って落ち着いて食事をすることは,あらかんにとっても高齢者にとっても大事なこと。

冷たい飲み物とおいしい食事で,ここでも疲れは吹っ飛びました。

 

食事をすれば疲れは吹っ飛ぶ?

 

いえいえ,それだけではありません。

息子Aと娘Mが考えてくれて・・・

 

私たちが若いパパママだった頃には,絶対乗らなかった乗り物を利用したこと。

それが今回よかったことかな?

 

エレクトリックレイルウェイやトランジェットスチーマーです。

これを使えば,ひいおばあちゃんもシーの移動が楽々でした。

 

おまけに,キャストが手を振ってくれる!

なんかそれもうれしくて,思わず答えて【お手ふり】したりして。

 

帰ってきてからも,母は,何度も「楽しかった」と話してます。

そして,「合流カード」というものも使わせてもらいました。

高齢者の母とたまごメイトの娘Mは,ギリギリまで並ばずに座って待っている・・・

噴水を眺めたり・・・

楽しそうなゲストを眺めたり・・・

ゆっくり二人で話したり・・・

そして,さあここからというところで合流。

ファストパスとの違いは,母には到底理解できなかったけど,「あんまり並ばずに入れたんだよね」「特別扱いされたみたいで申し訳なかったなあ」と,何度も何度も思い出しています。

 

母が,たくさん買って帰った近所のお友達へのお土産はミニーちゃんのパッケージ。

これでした。

 

 

 

「ひいおばあちゃんもディズニーランドに行こうよ!」

 

そんな企画を息子Aたちが立てました。

四世代でのTDRです。86歳の母を誘って楽しもうというわけです。

 

「無理!」と言う私を完全に無視し,企画がどんどん進みました。

【どこでもドア】でTDRに行くのではないのです!

新幹線には乗れますが,東京までも行けますが・・・

京葉線ホームまでも歩くのです。

TDRの中は広いのです!たくさん歩くのです!

 

でも行ってみれば,楽しい!

お天気もよく,ほどよい海風が気持ちいい!

 

到着です。東京ディズニーランドホテル!

ここに2連泊と知って,母のワクワクは最高潮になりました。

 

実は,母と私は,先陣隊の夫・息子A一家に遅れて到着。

TDRの前に,ミュージカルを見て。

妙な強行軍にしてしまった私です。

 

観たかった。チケット2枚を必死に手に入れた「レ・ミゼラブル」です。

そして,ミュージカルの余韻も感動もまずはさておき・・・

京葉線のホームへ。

 

たどり着いたTDRです。

 

夜のショーを見て。花火に感動し。

眠らないディズニーランドを部屋の窓から眺めつつ,眠りにつきました。

 

曾孫と過ごす非日常の夢の世界に,母の楽しさは何十倍にも膨らんだはずです。

シーもランドもイースター!

 

 

ショーを見ながら,ランチ。

キャラクターが席までやってきます。Aちゃん大喜び。Sくん興味津々

母も,ハイタッチや写真撮影に。ノリノリでした。

 

 

86歳の母と現在たまごメイト娘Mのおかげ?で,園内は,私を含めた3人は常に牛歩・・。

ファストパスを駆使し。

その分ドリンクタイムも十分取って。

 

ゆったりのアトラクションだけ。

絶対急がない,もちろん走らない,ランドとシー。

 

三大マウンテンに乗らなかったのは,娘Mも私も初めてのことです。

 

でもこんな楽しみ方もあるのですね。

大満足です。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

私たちの市ではとても有名な藤の花です。

普通のお宅なのですが,一番見頃の時期に1週間だけ公開してくれます。

昨年より数日遅い公開のようです。

樹齢400年。

伊達政宗が朝鮮出兵の時,持ち帰ったものを,政宗ゆかりのこのお宅が管理しているものだそうです。

まさに藤色とはこの色なんですね。

でも濃淡があって,それはそれは見事。

 

1本の幹から,広く張り巡らされて,庭園いっぱいに広がっています。

 

 

 

なんと!お持ち帰りになられた伊達政宗様が・・・!

数年間によみがえられたそうで,「1年ぶりじゃのう」と懐かしげに藤の花を眺めていらっしゃいましたよ!

 

そこは現代です。

撮影をしたり,ときに赤ちゃんを抱っこしたり,私などとも親しく話をしてくださったり。

人気者の伊達政宗様でした。

 

次にお会いできるのは,青葉まつりの時でしょうか。

そのときは,支倉常長様や片倉小十郎様ともご一緒ですね。きっと。

 

 

 

心が痛みます。

言葉がありません。

「ママー」と泣く声が交差点に響いていたとか。

 

どんなにびっくりしたでしょう。

痛かったでしょう。

 

楽しいはずのお散歩です。

 

もう20〜30年以上も前のことになりますが,我が子3人保育所にお世話になり,保育所で育てていただきました。

その子どもたちの生活を思い出すと,お散歩の日がとても楽しく,うれしい日なのだということがよくわかります。

 

わずか2年余の人生だったお子さん。

これからの人生,楽しいこと,夢を追うこと,家族との語らい,いろいろな事が待っていたはずなのにと思うと,かわいそうでなりません。

 

ご両親,ご兄弟,おじいさんやおばあさんの悲しみはいかばかりかと。

 

我が家の庭にやっと咲いた白い芝桜とともに,離れた地からではありますが,ご冥福をお祈りします。

 

 

私も毎日ハンドルを握っています。

それも,買い物に行くことが多く。

今回の事故のお二人も,私とさほど年齢も違わず,また,運転の用途も買い物だったとか。

起こしてしまったあまりにも大きな事に,悔やんでも悔やんでも・・・というお気持ちだと思います。

 

私とて,人ごとではありません。

 

「行ける!」「今進まないと!」そんな気持ちになって,アクセルを踏むことのないように,周りに注意する,周りに思いやりを持つ。

そんな運転を心がけたいと改めて思いました。


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM