あけましておめでとうございます。

今年もあらかんおばさんのたわいもないおしゃべりにお付き合いください。

よろしくお願いします。

 

新年に私が出した年賀状は約60枚。

これは今の時代,多いのか少ないのか。

ありきたりもつまらない・・・ということで,私の年賀状は先様に失礼ながら近況報告みたいなもの。

 

今年は,こんな感じでした。

年賀状は字数を多くはできず,載せる情報量が少なくなってしまいますが,ここでは年賀状よりちょっと詳しく。

 

昨年の我が家の漢字はまさしく【初】

 

息子Aたちの企画で86歳の母も伴って【初】の四世代東京ディズニーリゾート!

高齢者・妊婦一緒の牛歩のTDR。

アトラクションは穏やかなもの限定。

絶叫系には全く乗らないなんてこれも【初】

 

 

娘Mは【初】めての出産。

とうとう笑顔の子育てママになりました。

育休中で,ちょっとのんびり。

でも寝不足の毎日のようです。

 

息子Yのびっくりな【初】避難所生活。

多摩川と鶴見川の氾濫警戒で避難勧告発令。

アパートの隣の中学校に12時間。

 

夫と私は【初】ヨーロッパ

ドイツ・オーストリア満喫。でもハプニングいっぱいな旅行。

帰国してみれば,笑い無くしては語れないことばかり。

旅の恥はかき捨てとはこのことか。

 

ここまでで年賀状はおしまいなのですが。

 

もう一つありました。

私・・・【初】の映画撮影現場へ。

エキストラで撮影に参加。

ある会場でほとんど座っているだけのおばさんなのですが・・・・・

 

撮影にどんな俳優さんが来ていたか,どんな話か他言は禁止!

もちろんですよね。

だからこれ以上はおしゃべりできない。

公開は今年なのだとは思いますが。

出ている出ていないより,現場の独特な雰囲気を感じ,同じシーンを角度を変えて何度も撮影することにもびっくり。

楽しい貴重な体験。

 

ロケ弁?とやらを2食ごちそうになりました。

 

2019年は【初】・・・2020年は【和】?【輪】?をめざして生活を楽しもうかなあと思っています。
 

 

新年に何かと話題の大河ドラマが始まる前に。

明智光秀流行に遅れまいと,ミーハーな私が思いつきそうなことです。

 

明智光秀に触れようと。

訪れたのは本能寺

寺町通り沿いにありました。

ビルに囲まれています。

夫がいただいた御朱印帳には【本寺】という文字ではなく違う文字で書かれていました。

何度も火災に遭っている本能寺。【ヒ】という文字を使わないらしいです。

 

もう1ヶ所。

妙心寺の中にある【浴室】です。

明智光秀ゆかりのところ。。

 

これら,新年からの大河ドラマ「麒麟が来る」で紹介されることもあろうかと,今から楽しみです。

楽しみ!といっても,紹介画像がでたら「行った行った」「知ってる知ってる」と騒ぐだけなのですが。

 

3泊4日の間に,京都劇場にも行きました。

夜のお楽しみです。

 

劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観るために。

 

前回は「オペラ座の怪人」の公演をしていたので,1枚だけチケットをとって私だけが観ました。

今回は,夫と二人で観に行きました。

京都駅すぐそばなので,行きやすくとても便利です。

実は,新幹線や90日前割引で予約したホテルよりももっと前にこのチケットをゲットしていました。

私にとっては,この観劇が一番の目的だったかもしれないと思うほどです。

 

3泊4日で・・・・・。

夫はまたずいぶん写真も撮ったようです。

年賀状になってるかなあ。

 

冬の京都はほぼ満足なのですが,オフシーズンということもあり,一番食べたかったものを食べられなかった不運がありました。

今宮神社境内の「あぶりもち」です。

私たちが京都に着いた前日に営業が終わっていました。

 

大きな混雑もなく,ゆったりと神社仏閣をまわれてよかったのですが,12月も半ば過ぎるとこういうこともあるのだと反省です。

冬に訪れるときには,もう1週間早くします。

 

 

東海道新幹線からの富士山の眺め。

京都に行くときには,この富士山を見るのも楽しみなのです。

流麗なその姿に,新年の新たな願いを!

 

12月31日になりました。

我が家には,私には,今年もずいぶん話題になることがありました。

 

1年間,気まぐれでわがままなブログに立ち寄っていただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

冬の京都。

今回,私なりにテーマを設けました。

一つ目は,ランチをこれまで訪れたことのないところで味わうこと。

毎日どこかで抹茶をいただくこと。

 

わくわくでした。

 

1日目,京都についてホテルに荷物を預けるとすぐに訪れたのがここ。

知恩院青蓮院の筋向かいの【蓮月茶や】です。

湯豆腐ばかりでない豆腐がいろいろに姿を変えてのお料理。

特に・・・かに味噌豆腐がおいしかった!

普段は行列らしいのですが,新幹線の中で予約をして希望時刻に入れました。

これも,オフシーズンの冬の京都だからでしょうね。

 

2日目,祇園花見小路にあるデニッシュのお店【グランマーブル】のカフェです。

いつも行列と聞き,開店時刻に合わせていくと,カフェは私が一番乗り。

ゆったりとして,アートな感じ。和風の落ち着いた感じ。

大好きなところになりました。

 

フレンチトーストです。

初めてなので,季節限定のフォンダンショコラのものを。

おいしかったです。

息子Yが好きそうなものです。

甘くないフレンチトーストもあるので,次回はそれも。

 

3日目,銀閣寺近くのうどんやさん【おめん】

うどんのつけめんです。

きんぴらやたくさんの薬味といただくものです。

私のお茶の先生が,京都に行ったら必ず食べるとおっしゃっていたうどんです。

南禅寺から哲学の道を通って銀閣寺へ。

そしてもったいない話かもしれませんが,銀閣寺は見ずに【おめん】のランチ。

哲学の道は,このうどんを食べるための運動でした。

これまたマイペースの楽しさです。

 

京都最後の日のランチ。

前田珈琲で。

諦めていたけど,京都博物館に前田珈琲がありました。

ランチセットのパスタの後には・・・・おいしい珈琲。

 

毎日抹茶をいただくテーマは?

達成しましたよ。

ここは初日に訪れた四条通の福寿園本店。

 

お運びではなく,お手前をしていただきました。

お手前後のしつらえですが,お花・掛け軸も冬らしく,新年を迎える雰囲気も漂っていて。

隣の茶室ではオーストラリアからのご夫婦がお手前体験をしていたようです。

 

そのほかには,寺町通りの一保堂。

ここには夫と一緒に行きました。

 

たくさん,念願のところで味わいましたが・・・

自主研修と称して別行動をしていることも多かった私たち。

一緒に味わったランチは,予約で行った初日だけでした。

 

夫のランチは,夫なりに天丼やいろいろ?

 

久しぶりのブログ更新です。

 

孫のKくんでいっぱいいっぱいで・・・

でもそんな中でも出かけるのが私たち夫婦です。

Kくんが生まれる前から立てた計画。

このころなら,Kくん母子からも少しは手を離せるのではと考えて。

非情な爺と婆でしょうか・・・・・。

 

冬の京都。

12月半ばの京都です。

 

紅葉の時期も終わり,観光客もずいぶん減ったという感じ。

昼の知恩院。

人が写り込むことなく写真が撮れました。

 

他人様がフレームに入らない写真を京都で撮れることに大喜びだったのは,もちろん夫です。

 

大好きな東福寺。

京都を訪れたら,知恩院・東福寺は決してはずさないお気に入りの場所です。

 

紅葉の時は大混雑の東福寺。

散ってました。でも,見下ろすと一面の紅葉の絨毯。

警備員のおじさんが。

「東福寺に冬が来ました」としみじみおっしゃっていました。

 

でも庭園にきれいに残っていた名残りの秋模様。

建仁寺です。

祇園近くのいつもは混んでいて避けがちだった建仁寺。

ここも,人はまばら。時々修学旅行の高校生がいるだけ。

今回は,のんびり眺めることができました。

 

ここもお気に入りの南禅寺。

でもよくサスペンスドラマの舞台になるこの水門は遠くで眺めるだけの私。

 

好きなのはこちら。

南禅寺の方丈庭園です。

広くて大好きです。半日過ごせちゃいます。

 

 

そして,今回新たにお気に入りの所ができました。

智積院です。

四季折々違った景色として味わえそうな庭園でした。

次回京都を訪れたときも是非はずさず行きたい所になりました。

 

好きなところを巡るだけでなく,今回は,テーマを3つ設けて過ごした3泊4日。

 

追々,気ままな私の京都巡りを思い出しつつ,反省も含めて更新します。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

これ!さかさまのぬいぐるみ。

 

ストーブの前に鎮座しているのは・・・・・。

実は,いただいたメリー用のぬいぐるみ。

洗濯して乾かされているところです。

 

 

これもいつの日かこの子のために大活躍するはず。

3ヶ月になりました。Kくんです。

ママが作った3ヶ月の印「3」を握りしめて。

 

こちらにも記念日を迎えたSくん

2歳です。

 

絵を描いたり。

お手紙も書けるようになったAちゃん。

列車の中で,宮沢賢治の絵に触れて・・・。

 

夫や私の思いは,いつもこの3人でいっぱいなこのごろです。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

連日,母と私はコンサートへおでかけしました。

母の希望で【フォレスタ】と【秋川雅史】です。

 

おそるべし・・・フォレスタ!

 

昨年も訪れたフォレスタのコンサート。

母はその前から訪れてますから,もう4〜5回は行っているはずです。

 

聞きに来た人の年齢の高さに昨年驚いたのですが・・・

今年もやはり・・・年齢層は高く。

 

絶対,早く着きすぎたと思いました。

しかし・・・会場に着いたときには。列・・・・。

 

開場時刻の20分も前です。

このあと,この列は横5人ずつの列に整理されて,私たちの後ろにも人!人!人!

 

並びながら初対面の人とも,フォレスタ談義で楽しんでいらっしゃるファンの皆様。

話題が,○○さんは結婚して子育てしているとか▲▲さんは単独で活躍しているとか・・・

オペラの世界に行ったとか・・・

できるならおっかけがしたいとか・・・手には杖・・・。

お元気です。

本当に詳しい皆様でした。

   (ファンの皆様のご年齢とその詳しさに脱帽でございます!)

 

今回のメンバーです。

歌声の素晴らしさはもちろん,ピアノのテクニックにも驚きました。

単なる伴奏ではない!歌を引き立てる技術。ピアノだけでも聞かせられる技術。

楽しいひとときでした。

 

「『ふるさと』歌ってきてね」と娘に言われて出かけた私たちですが。

みんなで歌いましょうのコーナーは,なんと『丘を越えて』

私が生まれる前の歌。

でも歌えちゃった私です。

もちろん,母も高らかに。隣の席のおじいさんも高らかに。

 

何度も繰り返された会場のアナウンス

【本日は・・・・ありがとうございます。会場内の段差にお気をつけてゆっくりご移動ください】

【本日は・・・・ありがとうございました。お帰りの際にはお忘れ物のないようにお気をつけください。特に・・・杖など】

 

私も,様々なコンサートなどに出かけますが,今回のように【段差】【杖】という言葉を何度も聞くのは,フォレスタコンサートならではかと。

 

客席に降りてきた大野さん・・・お客さんとは,ハイタッチではなく,お客さんの手に自分の手をソフトに置く・・・そんな仕草にも優しさと温かさを感じました。

歌声だけではない・・・優しさと温かさを。

 

 

さて,翌日は・・・

 

秋川雅史コンサートで私の涙腺崩壊!

 

地元の小学生との曲『あすという日が』

歌詞が心に染み渡りました。

ここで,胸がいっぱいになり・・・。

涙腺が・・・・。

 

秋川雅史さんらしい歌声で,クラシックから演歌まで。

 

そして最後の2曲

この2曲・・・完璧に私はだめです。

 

『千の風になって』を生で聴くことを楽しみにしていくのですが。

必ず,亡くなった祖父母や父を思い出し,励まされるのです。

そして元気になれてコンサート会場を後にするのです。

 

でもです。今回は,まず,『群青』にやられました。

これまで何気なく聞いていた曲ですが。

秋川さんの声を通して聴くと。

 

「いい歌が聴けたね」と母と私。

満足の二日間でした。

 

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

出産後の娘Mは【徒歩5分】の里帰りをしておりまして・・・。

おっぴさんである母にとっては,「朝起きればそこに曾孫がいる!」という,うれしい生活をしています。

 

私は・・・「左腕が痛い!」

夫は・・・「膝が痛い!」

娘は・・・「あちこち痛い!」

というわけで,満身創痍です。そんな2ヶ月が過ぎました。

 

【徒歩5分】の自分たちの家に戻るのもあと少しのKくんと娘です。

 

Kくん,お昼寝中です。

おっぴちゃんの子守歌で眠りにつきました。

 

おっぴちゃんは,「ねんねんころりよおころりよ〜Kくんはよいこだ ねんねしな〜」から始まり。

「ねむれよいこよ にわやまきばに〜」とモーツァルトの子守歌。

「ねむれねむれ ははのむねに〜」とシューベルトの子守歌。

これらをエンドレスで歌い続けて。10分も20分も。

 

そして,Kくんは時に眠りにつくのです。

 

もちろん寝ないときは,「だめー!! わかおばあちゃん!」と私が呼ばれることもありますが。

 

目を開けたり閉じたりしながら眠りにつくKくんを見ていると・・・

娘と私は「今から忖度を覚えたか・・・」などと冗談を。

 

おっぴちゃんの子守歌がKくんに心地よく響いていたら,それはそれは幸せなことです。

 

さて,もうひとつ。

【Gベッド】なるものが存在します。

 

これは夫の膝の上でKくんが寝ることです。

つまり【(爺)ベッド】

これまた安眠中。

 

息子や娘もこのくらいの時,よく夫の膝の上でこんなふうに寝ていることがありました。

夫の膝にすっぽり収まるのもわずかな期間なのですが。

 

Gベッドでリラックスできるのか,Kくんの足先です。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

孫のKくんは,お誕生から1ヶ月が過ぎました。

 

少しずついろんな声を出すようになって・・・・・

 

Kくんのつぶやき!

 

 

ぼくはとうとうチョッパーに!

ハロウィンです。

 

ちょっと前に,おばあちゃんのいとこがアメリカから一時帰国してきていて,ぼくに会いに来てくれました。

ぼくを抱っこしているのが,おばあちゃんのいとこ。

おばあちゃんのいとこだって言っても,ママのお姉ちゃんみたいに若いんだからね!

そして,ぼくより一つ年上のSちゃん。

アメリカで生まれたから,ミドルネームがあります。

「ソ○ア」ちゃんっていうんだって。

ぼくのことは,「ベイビー」と呼んでくれました。

 

双子のお兄ちゃんは,アメリカにパパとお留守番なんだって。

ソ○アちゃんのお洋服は,ハロウィン模様。

 

というわけで,ぼくもハロウィンスタイルになったわけ。

みてみて!ぼくの撮影会。

パパママのスマホ。

これにおばあちゃんまで撮ってたんだからね。

一応いろんなお顔をしてみたよ。

 

こんなに一生懸命撮影しているパパとママを決して「親××」とは呼ばないでください。

優しいパパとママなんだから。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

お誕生から1ヶ月になったKくん。

そこへ,AちゃんとSくんがやってきました。

息子A一家の来訪です。

それだけで,おっぴちゃんである母は,うれしい時間満喫です。

たくさんのプレゼントを持ってきてくれました。

 

その中には,プラレール。

Sくんもお気に入りでいつも遊んでいるものとおんなじものです。

 

Kくんへのプレゼントのはずが・・・・・

自分のものだと勘違い。

遊ぼうとし始めたSくんです。

それを見て,さすがはお姉ちゃんのAちゃん。

本当に困った顔。

 

そんな様子を見ても,おっぴちゃんは「かわいいかわいい」と大喜び。

 

Sくんたちは,近くの市民センターの交流祭りにも行ってみて。

モグラたたきもやりたそうな,こわごわなような。

 

疲れて帰ってくると。

これまたお昼寝のKくんもいて。

 

おんなじポーズで寝ています。

そこには,またまたお姉ちゃんのAちゃん。

二人の「見守り隊」とばかりに一緒に添い寝。

 

 

曾孫の3人勢揃いに,おっぴちゃんこれまた笑顔満開でした。

5歳になったばかりのAちゃん。

もうすぐ2歳のSくん

そして,1ヶ月と10日のKくん。

 

おっぴちゃんの大切な宝物!

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

今年もAちゃんのこども園の運動会の日がやってきました。

 

台風19号で二日延期になっての開催。

新幹線の運行も危うい中,夫と私は北関東のAちゃんのこども園まで日帰り旅行。

 

癒やしと,Aちゃんの成長の様子が見たくて。

台風一過のこの日。

先生方や役員さんの努力のおかげでしっかり準備は整っていて,私たちも開会式に間に合いました。

 

開会式のお姉ちゃんに手を振る(振らされている?)Sくんです。

音楽に合わせてSくんも体操したりして。

 

すずが割れると,紙吹雪とともにすてきなメッセージが。

 

青い靴の子・・・力が入ってる?

綱引きのAちゃんです。

 

 

青い靴の子・・・軽快な走り?

Aちゃん,○位争いです。

 

これ!感動しました!

「パラバルーン」の演技です。

パプリカの曲に合わせて。

たくさん練習したんだろうなあ。

Aちゃん,指先までピン!!

この演技の時の子どもたちのうれしそうな表情。

 

年長さんがリレーを終えて退場する時の誇らしげな顔。

 

「年中さんになったらできる!年長さんだからできる!」という憧れの演技や競技に挑戦する・・・。

そんな機会が,子どもたちをポーンとステップアップするのだなあと,成長を実感です。

 

 

親子の競技は,デカパンリレーだって。

パパに抱えられて宇宙遊泳みたいになってる子もいる中,Aちゃんとママ必死!

 

仕事で見られなかったパパの代わりに・・・

夫は,写真撮影の係を仰せつかり。

撮った枚数400枚超え。

 

私もちょっと

 

こんな感じで,楽しんでいて。

帰ると,癒やされるもう一人。

季節はハロウィン。

Kくん,1ヶ月になりました。

もう,新生児ではありません。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM